東日本大震災

2次避難先へ移動完了 山形市スポセンの全被災者

2011年06月28日
 東日本大震災の避難所となっている山形市総合スポーツセンターで27日、残っていた避難者全員が2次避難先などへ移った。一時は県内最多の1000人以上が身を寄せていた同避難所は30日で閉鎖、7月1日には市内で暮らす被災者をサポートする市避難者交流支援センターが開設される。

 「ありがとうございました」「お元気で」。避難所に残っていた12世帯34人が同日朝から移動を開始し、避難所スタッフとあいさつを交わした。掃除をして身支度を整えたり、ボランティアスタッフにハート形のクッションをプレゼントする避難者もいた。

 福島県南相馬市から避難し、山形市内のアパートに移る辻綾子さん(78)は「来た当初は不安でいっぱいだったが、1日3食のご飯や看護師の配置など手厚く世話をしてもらい、体調を崩すことなく過ごせた」と感謝。同じく市内のアパートに移る南相馬市の佐藤裕貴恵さん(45)はスタッフに感謝しながら「できることならもう少しいたかった」とぽつり。「今後は光熱費や食事代などもかかり、生活費を切り詰めないといけない」と不安を口にした。

 この日午後4時半で全ての避難者の移動が完了。12世帯の移動先の内訳は県が借り上げている応急仮設住宅が6世帯、旅館・ホテルの2次避難先が5世帯、県外のアパートが1世帯。

 3月15日開設の同避難所は福島県や宮城県などから最多で1098人(3月20日)を受け入れた。市は、夏の暑さなどから6月末までに避難者の2次避難先などへの移動を終えたいとして意向調査を行い、全員が了承していた。

 新設する交流センターはスポーツセンター3階の第1会議室に置く。臨時職員ら3人で運営し、情報や支援物資の提供などを行う。開設時間は午前9時半~午後6時(月曜日は休館)。

 県によると、23日午前10時現在の県内の学校や文化センターなど1次避難所数は山形市総合スポーツセンターを含めて11カ所で、避難者数は229人。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から