東日本大震災

被災者と共に奮闘 ボランティアバス同行ルポ

2011年06月12日
 東日本大震災の発生から3カ月となった11日、被災地には、日常を取り戻すため住民と共に奮闘する本県からのボランティアの姿があった。山形市南原町1丁目の本田光太郎さん(28)が誰でも飛び込みで参加できるボランティアグループとして組織した「山形ボランティア隊」と、山新観光が共同運行しているボランティアバスに同行した。被災地では、まだ多くの人手を必要としていた。

津波で浸水した民家の片付けを手伝う山形ボランティア隊の参加者たち=宮城県石巻市渡波地区
津波で浸水した民家の片付けを手伝う山形ボランティア隊の参加者たち=宮城県石巻市渡波地区
 ボランティアバスは、発生直後から現地で活動してきた本田さんが、山形の地理を生かし日帰りで継続的に繰り広げようと4月16日、個人でバスをチャーターしスタート。5月から毎週土曜を運行日とし、同28日からは山新観光とタイアップ。津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市にボランティアを運んでいる。

 この日は52人が参加し、数班に分かれて作業した。ある班は、津波で水没した民家の片付けを手伝った。破壊された家具や食器、縫いぐるみが散乱する。参加者たちは、自分にできることを次々とこなしていった。これまでほぼ1人で片付けをしてきたという家主の男性は協力に感謝し、「みんな、家を直して住まなくちゃいけない。とにかく人手が足りない」と訴えた。

 3カ月たってもまだ、がれきは山積みの状態。こうした中、本田さんは現地のボランティアセンターなどと調整。ボランティア隊は毎回、午前9時すぎから午後5時ごろまで、びっしり作業している。

 北村山高教諭の前田俊明さん(54)と水戸正紀さん(47)は、個人的に生徒にも体験させたいと思い下見を兼ねて参加した。安全を確認したら具体的な検討に入りたいと考えている。「自分の目で見て、汗を流して学ぶことはたくさんある。山形の未来を担う若者の心を育てるため、ぜひ参加させたい」

 ボランティアバスは「行きたくても個人で行くには勇気がいる」という人たちの受け皿になっている。ゴールデンウイーク以降は毎回30~50人が参加。年齢層は20~60代と幅広く、3~4割がリピーターだ。参加者からは「機会をつくってくれてありがとう」という声も寄せられている。参加を機に自らバスをチャーターし被災地に出向くようになったグループもある。

 女性の参加者が多いのも特徴で、今回も半数を占めた。水産物倉庫の片付けに当たった天童市東長岡2丁目、会社員蜂谷涼子さん(32)は3週連続の参加。体力に自信がなかったが、できることを無理のない範囲ですればいいと分かった。「女性だから気付くこともある。やることはまだまだある」。そう語るとまた、発泡スチロールの箱を忙しく運んでいた。(報道部・坂本由美子)

 【メモ】バスは7月末まで運行。山形駅東口発午前6時半、県庁裏口前バス停発同6時45分。帰りは山形市着午後8時ごろ。山新放送愛の事業団の支援を受け、現在の参加費は従来より1000円安い1人1000円(ボランティア保険未加入者は1500円)で運行している。申し込みは毎週木曜午後6時まで山新観光023(641)8080。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から