東日本大震災

福島の女子中学生から感謝の手紙届く 山形市、HPで公開

2011年05月11日
福島県南相馬市の女子中学生が感謝の気持ちをつづった手紙
福島県南相馬市の女子中学生が感謝の気持ちをつづった手紙
「温かい援助、本当にありがとうございました」-。東日本大震災で山形市総合スポーツセンターに避難し、その後福島県南相馬市に帰宅した女子中学生から山形市役所に手紙が届いた。避難生活を支えてくれた市民への感謝の気持ちがあふれており、山形市は多くの市民に読んでもらいたいと、11日にホームページ(HP)上で公開を始めた。

 市によると、自宅に戻った避難者からの手紙は初めて。この女子中学生は3月27日~4月3日、家族と共に同センターに身を寄せていた。

 「山形市役所並びにボランティアのみなさまへ」と題した手紙は5月2日の消印で自筆。「悪いことの連続で不安で寂しかったが、皆さんのおかげで安心して過ごせるようになった」「生き残った私たちがこれからを引っ張っていくという強い気持ちで今は生活している」と、便箋3枚に感謝や現状をつづっている。

 HP上ではこの手紙の他、避難所本部に直接届けられた手紙2通も公開している。市では「避難所の運営は多くの市民や企業、団体の支援に支えられており、こうした方々に広く読んでもらいたい」と話している。

 HPアドレスはhttp://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp

■全文
 山形市役所並びにボランティアのみなさまへ

 私は、現在南相馬市の鹿島区に住んでいる○○○と申します。

 3月11日に起こった、大震災の後、原発事故の影響で、いろいろな所に逃げまわり、最後に、この山形市にある体育館に避難しました。

 この手紙を書いた理由は、無事鹿島区にある自分の家で暮らせて、元気に学校に通えるようになったことの報告と、このように、元の生活に戻るまで、励まし、一生懸命支えて下さった山形市役所並びにボランティアのみなさまに、感謝の気持ちを伝えたかったからです。震災後は、悪い事の連続で、とても不安で、寂しい気持ちになっていましたが、この山形市に来てからは、『なるべく不自由のない生活にしよう』と、努力して下さるみなさんのおかげで、安心して過ごせるようになりました。

 中には、1日2食しか食べれない所や、電気が通ってない避難所もまだまだあると聞いたので、私は本当に山形に来て恵まれた避難所生活を送れたんだなぁと感じました。

 私の知っている方や友達は津波で多数亡くなってしまいました。

 ですが、いつもでも悲しみに浸っているのではなく、生き残った私達が、これからを引っぱって行くという強い気持で、今は生活しています。

 山形市役所並びに、ボランティアのみなさまもお体に気をつけて、これからもお仕事を頑張って下さい。

 温かい援助、本当にありがとうございました。
(原文のまま、匿名で公開)
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から