東日本大震災

避難の中学生が希望のマウンド イースタン楽天・山形開幕戦で始球式

2011年05月08日
「始球式では、キャッチャーのミット目掛けて思い切り投げたい」と話す佐藤翔君=中山町
「始球式では、キャッチャーのミット目掛けて思い切り投げたい」と話す佐藤翔君=中山町
 東日本大震災による福島第1原発事故で、福島県浪江町から中山町に避難した中山中1年の佐藤翔君(12)が、17日に荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)で行われるプロ野球イースタンリーグの東北楽天ゴールデンイーグルスの今季山形開幕戦で始球式の投手を務めることになった。震災を乗り越え、野球を続ける佐藤君は「キャッチャーのミットを目掛けて思い切り投げたい」と“大役”に意気込みを見せている。

 震災後、一家で福島県南相馬市に一時避難。その後、二本松市で親戚と合流。寒河江市の知人の紹介で、3月17日に中山町勤労文化センターに移り落ち着いた。

 佐藤君が野球を始めたのは、浪江町の幾世橋(きよはし)小2年の時。さまざまなポジションをこなし、3番打者として活躍した。地元の浪江東中に進む予定だったが、震災で避難。中山中に入学し、中山ベースボールクラブの佐竹英規監督から用具を用意してもらい、再び野球ができる環境が整ったばかりだ。佐藤君は「とてもうれしい。新しい環境で友達をたくさんつくりたい」と話す。

 始球式は、中山町の住民有志や町職員らでつくるボランティア団体「タカスタ楽天クラブ」が企画。メンバーで、町総務企画課代表統括の佐東秀治さんが避難所で、ひたむきに野球に打ち込んできた佐藤君の話を聞き、楽天球団に始球式に参加させてほしいと申し入れ、球団側が快諾した。「中山ですてきな思い出を作ってもらいたい」と佐東さん。佐藤君は「すごいチャンスだと思う。ありがたい」と感謝の言葉を口にする。

 楽天で好きな選手は田中将大投手。「フォームがきれいで切れのある球を投げる」とあこがれる。始球式に向けては「硬球だからキャッチャーまで届くか不安だけど、思い切り投げたい」。母の博美さんは「中山町民の温かさに感謝し、頑張って投げてほしい」とエールを送る。

 17日は午後6時開始で、横浜を迎え撃つ。当日は楽天選手のサインボールやりんごジュースなどが当たる抽選会もある。関係者たちは「多くの人に足を運んでほしい」と呼び掛けている。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から