東日本大震災

笑顔運ぶボランティアバスが出発 山形大、芸工大学生らが石巻で清掃活動

2011年05月05日
「スマイルエンジン山形」と題し、山形大と東北芸術工科大の両学生がボランティアとして側溝を掃除した=宮城県石巻市
「スマイルエンジン山形」と題し、山形大と東北芸術工科大の両学生がボランティアとして側溝を掃除した=宮城県石巻市
 東日本大震災の被災地を支援する山形大と東北芸術工科大のボランティアバス「スマイルエンジン山形」が4日、運行を開始した。初日は約90人の学生らが参加し、津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市を訪問、側溝の泥を集めるなど清掃作業に取り組んだ。「ありがとう」「ご苦労さまね」-住民から寄せられる感謝の言葉を励みに額の汗をぬぐう学生たち。被災地に笑顔を運ぶ「スマイルエンジン」は上々のスタートを切った。(仙台支社・松田直樹、報道部・進藤和美)

 石巻市大街道地区。午前9時半すぎ、現場に到着した学生らは側溝に手を伸ばし、次々とふたを外した。黒ずんだ泥や砂利が現れ、臭いが鼻を突く。だが、誰もがためらうことなくスコップを差し込んだ。2人一組となり、重い泥水をすくって、袋に入れる。徐々にこつをつかみ、「スピード上がったんじゃね」。

 砂ぼこりが何度も目に入り、服には泥が跳ね返る。「何でもしようと思って来たから、大変という意識はない。住民の人たちがこれをやろうとするのはもっと大変だろうし」と芸工大3年佐藤愛さん(20)。山形大2年丸山昴さん(19)は「住民から『ありがとう』と言われ、もっと頑張ろうと思った。泥の量がすごいけど大丈夫」と意気軒高だ。

 通り掛かる地元の人たちには必ずあいさつする。休憩時間に、水分を補給する参加者たちが住民から差し入れを受けた。「炊き出しのボランティアの人たちはよく『自分たちの分は別にある』と我慢していくんだけど、遠慮しないで食べて」。片岡弘美さん(43)がおかきを配った。「これも支給でもらったんですけど…。ボランティア返しです」

 遠藤ただ子さん(63)は自宅1階が浸水し、近くの高校に避難した。校舎2階まで水が迫り、3階に上って危機一髪で助かったという。「家の中は自分でようやく片付けたが、家の前の側溝をどうしようか困っていたところだった。すごく助かります」

 芸工大卒業生の小川舞さん(24)は「ゴールデンウイークで休みを取って東京から参加した。ここで生活している人たちに少しでも近づき、応援したい」。山大3年の山崎安佳里さん(20)は「山形市の避難所でボランティアをしてきたが、被災地でも何かできないかと思った。1回だけでなく、これからも続けたい」。

 初日の団長を務めた東北芸工大の根岸吉太郎学長は「復興への道のりは長いが、学生と共に貴重な一歩を踏み出せた。東北の一員という意識を強く持って、自分たちができることを山大と一緒に継続していきたい」と笑顔を見せた。きょう5日は山大の結城章夫学長が団長となり、石巻市を再訪する。

■スマイルエンジン山形 山形大と東北芸術工科大が被災地支援のため運行するボランティアバス。日常生活の10%を使って無理なく支援を続けようという両大提案のキャンペーン「スマイル・トレード10%」の一環で、14日からの毎週土曜には、一般参加者も募って定期便を走らせる。問い合わせは山形大エンロールメント・マネジメント部023(628)4866。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から