東日本大震災

上山市が東北初の安全宣言 放射線量低く人体に影響なし

2011年05月03日
 福島第1原発事故で飛散した放射線量が県内で人体に影響がない低い水準で推移していることを踏まえ、上山市は2日、市民生活や農畜産物の安全宣言を行った。観光庁によると、東北地方の自治体で安全宣言を出したのは同市が初めて。風評被害の懸念があり、関係者は「先陣を切って安全安心を宣言することで他自治体にも同様の動きが広がれば」としている。

 放射性物質に関する県内の各種検査で、健康に影響を及ぼす数値はこれまで出ていない。市内では空間や水道水、地元産アスパラガス、田畑の検査が行われた。

 市内の温泉旅館では3~4月に予約のキャンセルが相次ぐなど震災の影響が深刻化。6月にはサクランボの収穫シーズンを控え、農家などから不安の声が上がる中、市は風評被害の拡大防止を図るとともに観光客の誘致につなげようと安全宣言に踏み切った。

 この日、同市阿弥陀(あみだ)地のサクランボ畑で式典が行われ、温泉旅館や商工会関係者、農家ら約80人が出席。横戸長兵衛市長が「おもてなしの心で観光客を歓迎するとともに、被災地の復興にも取り組みたい」と宣言し、全員で「安全で安心な上山にぜひおいでください」とアピールした。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から