東日本大震災

奥田シェフ「話を聞くことが大切」 都内でイベント

2011年04月23日
パネル討議で東日本大震災の被災者の様子を説明する奥田政行シェフ=東京・渋谷
パネル討議で東日本大震災の被災者の様子を説明する奥田政行シェフ=東京・渋谷
 東日本大震災の被災地で炊き出し支援を行っている鶴岡市のイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ奥田政行さんを招いたパネル討議が22日、東京・渋谷で開かれた。奥田さんは被災者の様子を紹介し、「話を聞き、1人じゃないと思ってもらうことが大事」と語り、協力を呼び掛けた。

 討議は日本野菜ソムリエ協会が主催し、同協会のソムリエら40人が集まった。奥田さんは地震発生から1カ月以上がたち、支援は被災者を救うことから生活を支えるという第2段階に移っているとし、「話を聞くこと」の重要性を強調。「栄養が偏っている人が多い。一人一人に合わせたケアが必要」とも述べた。

 ほかのパネリストは岩手県奥州市のフランス料理店シェフ伊藤勝康さんや同県職員、同協会役員ら。このうち、連日、炊き出し支援を続けている伊藤さんは「食事をするとみんなリラックスする。我慢している被災者が遠慮せずに涙を流せるよう手伝いをしていく」と語った。

 パネル討議はチャリティーイベントとして開催。21日には東京・銀座の本県アンテナショップのイタリア料理店「ヤマガタ サンダンデロ」でも開いた。ソムリエの参加費は被災地での支援資金として活用する。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から