東日本大震災

避難者数140人に減少へ 山形市総合スポーツセンター

2011年04月22日
 福島県は21日、福島第1原発事故などに伴い山形市総合スポーツセンターに避難している福島県民に対し、本県の旅館・ホテルの2次避難先を示した。この結果、23日には約150人が移動する見込みで、一時は1000人を越えていた避難者数は約140人まで減少する見通しとなった。

 この日、同センターで福島県の担当者が、事前に希望を出していた各世帯に山形市と天童市の5施設に振り分けた避難先を提示。23日午後2時~午後4時に移動を完了するよう通知したほか、2次避難先の注意事項を説明した。

 当初の希望調査では59世帯約200人が移動する予定だったが、小中学生の子どもを持つ世帯など13世帯約50人がその場でキャンセル。キャンセルした1人で、天童市内の宿泊先を指定された主婦(37)=福島県南相馬市=は「子ども2人は山形市内の小中学校に通っている。また転校させるわけにもいかず、天童市から毎日送迎するのは難しい。スクールバスをお願いしたのにかなわなかった。山形市内のアパートを借りるしかない」と話した。

 山形県が民間アパートなどを借り上げて無料で提供する住宅支援策の募集も始まっており、同センターの避難者数は今後も減少する見通し。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から