東日本大震災

アパートなどへの移転で条件を見比べ 県内9避難所で説明会

2011年04月21日
山形市内の地図を広げながらアパートなどへの入居を相談する被災者たち=山形市総合スポーツセンター
山形市内の地図を広げながらアパートなどへの入居を相談する被災者たち=山形市総合スポーツセンター
 県が民間アパートなどを借り上げて県外からの震災被災者に仮設住宅として無料で提供する住宅支援策の募集説明会が20日、山形市、米沢市など県内の9避難所で開かれた。

 県宅地建物取引業協会と全日本不動産協会県本部の協力を得て、県内全体で約1000戸のアパート、一戸建てなどの賃貸住宅を用意した。山形市の説明会は約300人が避難生活を送る市総合スポーツセンターで開かれ、約60世帯が参加。住所別にまとめられた賃貸物件のリストを見ながら、間取りや立地条件などを見比べて移転先を探していた。子供を持つ世帯は、現在通っている学校からの転校を避けるため、避難所周辺のアパートを希望していたが、物件数が少なく移転先を決めかねているケースもあった。

 気に入った物件を見つけた人は、今後部屋を実際に確認した上で契約手続きを行う。入居期間は原則1年。説明会は21日にも同じ9避難所で開かれる。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から