東日本大震災

佐高信さん、「東北連立」で復興へ 県ゆかりの著名人・やまがたを思う[9]

2011年04月15日
佐高信さん=東京都千代田区の事務所
佐高信さん=東京都千代田区の事務所
 -3月11日の地震発生時はどこに。

 「盛岡市内にいた。岩手県庁12階で、翌日に始まる予定の『佐高信文化塾』についての記者会見中だった。仙台市では6年前に『政治塾』をつくり、山形市でも去年5月に『山形塾』を立ち上げた。東北は明治以降、『白河以北一山百文』と言われ、政治的に冷遇され続けてきたが、それをひっくり返すには、文化で勝つしかない、文化においては薩長なんかに負けるものではない、と強調していたときにちょうど揺れた」

 -大震災後の状況をどう受け止めているか。

 「福島第1原発の事故を考えると、まさに冷遇され、過疎になり、地域は原発を呼ばなければならなかったという構図を思う。しかも、その原発の電気を東北では使っていないのだから」

 -東北の被害は甚大だ。余震を含めて停電も相次いだ。

 「地震の後、盛岡の姉の家に3泊し、停電の暗闇の中で考えた。暗闇は人間の思考を鍛える。ニーチェは『昼の光に夜の闇の深さが分かるものか』と言った。ある意味、東北は闇に押し込められてきた。しかし、だからこそ深く、したたかな思想と文明が育まれた。山形の土門拳や藤沢周平、岩手の宮沢賢治を思えば分かる。南の国では考えられないような潮風を浴びた思想や、吹雪にまみれた思想だ。青白い光ではなく、たいまつのような思想とも言える。東北は、もう一回、立ち上がる力もエネルギーも知恵も持っている。しかも、連帯感がある」

 -復興には政治の役割が重要になる。

 「菅直人首相とは20代のころからの付き合いだが、やっぱり駄目だ。政治主導は結構だが官僚をどう動かすか、東京電力という民間企業をどう動かすかという知恵がない」

 -大連立の議論もある。

 「政治の枠組みをどうするかは1つの問題だが、政治なんて常に変わる。どうなるか分からない。言えることは、例えば加藤紘一(自民党元幹事長)と小沢一郎(民主党元代表)がある種、歴史的な握手をして復興への具体的なプランを立て、それを政府にのませるようなことが必要だと思う。復興には土地勘がいる。過去の知恵と、その集積も必要だ。だから大連立というより、東北連立ということで、加藤(元幹事長)と小沢(元代表)が会え、と言いたい」

 -山形県民はいかに行動すべきと考えるか。

 「多くの被災者が関東にも避難している。東北の人は口下手で、口が重く、歓迎されても喜びを表せない人もいる。東京の人と思いにずれが出てくることもある。東北の人同士は、しゃべらなくても分かるようなところがある。だから、相身互いのようにして、被災者をできるだけ山形に受け入れてあげたい。何も言わなくても分かるよ、そういう思いで支えたらどうだろう」

 ▽さたか・まことさん 評論家。1945年酒田市生まれ。慶応大法学部卒。高校教師、経済誌編集者を経て評論家に。辛口の経済、政治批評を続ける。著書に「逆命利君」「藤沢周平と山本周五郎」など。「週刊金曜日」発行人を務め、東北公益文科大(酒田市)客員教授も引き受ける。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から