東日本大震災

避難者も滑り楽しむ 米沢スキー場が週末営業

2011年04月03日
スキーやスノーボードを楽しみ、笑顔を見せる利用客=米沢市・米沢スキー場
スキーやスノーボードを楽しみ、笑顔を見せる利用客=米沢市・米沢スキー場
 東日本大震災の影響で県内のスキー場が軒並み休止、また今季の営業を終了する中、米沢市の米沢スキー場が2週続けて土・日曜の営業を実施。2日は約600人が県内外から訪れ、同市に身を寄せる避難者もスキーやスノーボードで体を動かした。

 震災発生後、先月14日以降は営業を休止していたが、「少しでも笑顔を取り戻してほしい」と先月26日、週末に限って再開した。福島県から多くの人が同市に身を寄せていたことから、ウエアやスキー板などを用意し、リフト券、昼食付きで招待。市に送迎バスを出してもらい、希望する避難者に楽しんでもらっている。

 リフトの稼働数を通常の6基から2基に減らし、規模を縮小しての営業だったが、詰め掛けた約600人が滑りを満喫。スポーツ少年団で訪れた米沢七中2年の島田真陽瑠さん(13)は「久しぶりにスキーができて気持ち良かった」と笑顔だった。

 また、この日は避難所で暮らす2家族7人がゲレンデに。家族4人で訪れた福島県南相馬市、会社員黒◎(くろはばき)亮佑さん(22)は「雪山は小学生以来。避難所では周りに気を使うけど、外だと子どもも思い切りはしゃげる」と話した。

 同スキー場は3日で今季の営業が終了するが、運営する米沢観光の飯沢衛一郎社長は「全て自粛でうつむいてばかりではいけない。不満などを解消していくことも必要だと思う」と話している。

◎は月ヘンに坙の土が一の下に市
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から