東日本大震災

大震災、死者1万人超える 進む復旧、続く避難生活

2011年03月25日
 東日本大震災は25日、発生から2週間を迎えた。各警察本部の午前10時のまとめで、死者は1万19人となり1万人を超えた。家族や親族が警察へ届けた行方不明者は1万7541人で、計2万7560人に上っている。

 ライフラインの復旧が進む一方で、生活再建の見通しが立たず避難生活を強いられる被災者も多い。政府は住宅や道路などの直接的被害だけでも16兆~25兆円に上ると試算している。

 東北、磐越自動車道は全線で通行が可能になり、被害を受けた港もすべて再開、被災地支援の拡大が期待されている。東北新幹線は盛岡―那須塩原間で再開の見通しが立っていない。

 下水処理場は計55カ所が機能停止するなど復旧が遅れている。東京電力福島第1原発の事故もあり、1都15県の避難所約1900カ所に約25万人が身を寄せている。

 被害の大きい宮城、岩手、福島県警は遺体の所持品などから推測される氏名を公表し、身元の確認を急いでいる。宮城県警は特定につながる所持品がなくても、体格や服装など2000人分以上の情報をホームページで公表。親族からの問い合わせを受け、身元を確認できたケースもあった。

 火葬能力は限界に達し、宮城、岩手では土葬を開始。宮城県東松島市では24日までに100体近くを埋葬した。

 地震活動も依然活発で、震度5クラスの余震が相次いでいる。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から