東日本大震災

「鳥海丸」住宅街を裂く 東松島市・加茂水産高の4代目実習船

2011年03月24日
津波で住宅街に打ち上げられた「鳥海丸」(右)。がれきの中で座礁したようにも見える=宮城県東松島市
津波で住宅街に打ち上げられた「鳥海丸」(右)。がれきの中で座礁したようにも見える=宮城県東松島市
 東日本大震災で深刻な津波被害を受けた宮城県の石巻港。港湾の堤防は決壊し、石巻市街地だけでなく、東松島市側の住宅街にも、何隻もの船が打ち上げられた。その中に、加茂水産高校(鶴岡市)の漁業実習船があるとの情報を聞き付け、24日向かった。また現地では、水没した幼稚園の卒園式が行われていた。(報道部・板垣耕一、阿部研一、安達一智)

 ほとんどのルートが遮断されている。辛うじて生きている橋も満潮時には渡れない。そんな石巻港に面する住宅街で、船は無残な姿をさらしていた。船体には、加茂水産高の実習船であることを示す「鳥海丸」の毛筆体。マスト近くには山形県のマークも。なぜ鳥海丸は三陸に…。

 県教育委員会によると、この鳥海丸は、先に実習船を引退した4代目。今年1月に東京の業者が買い取った。石巻港で修繕のため停泊していたとみられるが、地元の造船会社に連絡が付かずはっきりしない。港湾関係者によれば、5代目となる新鳥海丸も同じ造船会社により建造され、湾内に停泊していたが、2月に完成。震災わずか3日前の今月8日、酒田港に移され難を免れた。

津波で住宅街に打ち上げられた「鳥海丸」(右)。がれきの中で座礁したようにも見える=宮城県東松島市
津波で住宅街に打ち上げられた「鳥海丸」(右)。がれきの中で座礁したようにも見える=宮城県東松島市
 4代目は452トンで、5代目の約2倍の大型船。隣にも同規模の船が傾いて止まっている。自宅が船の下敷きになった無職熱海友介さん(80)は「うちがなくなって船をもらったようなもの」とあきれ顔でつぶやいた。

 熱海さんは強い揺れの後、本能的に津波の危険性を感じ、近所の人の車に乗って小学校に逃げた。途中、来月出産予定だった孫娘(30)と擦れ違い「海の方にいっちゃだめ」と声を掛けたが、それが最後の姿だった。2日後に近くの路上で遺体で発見。「ひ孫が生まれる予定だった。かわいそうに」。トラック運転手の息子(51)も安否不明のままという。

 更地で立ち尽くす男性に会った。同市横沼、千葉照雄さん(71)。実は勤務する運送会社があった場所だという。トレーラーの一部が転がっているが、事務所と車庫の基礎すらない。震災直後から避難所暮らしで、初めて訪れたという。「社長とも同僚とも連絡が取れない。壊れているとは思ったが、こんなんじゃ」。後は声にならなかった。

 海水が引かず湖のような田畑で、ゾンデ棒を持って遺体捜索を行う自衛隊員が行き来する。家の中まで重油と泥が入り込み、大量のがれきで露地に重機が入っていけない。津波から2週間となるが、復興へのつち音を奏でるには、まだ時間がかかりそうだ。

大曲幼稚園の卒園式で、修了証書を手にして見つめ合う母子=宮城県東松島市・矢本中央幼稚園
大曲幼稚園の卒園式で、修了証書を手にして見つめ合う母子=宮城県東松島市・矢本中央幼稚園
 ホールを元気いっぱいに駆け回り、鬼ごっこで遊ぶ園児たち。保護者は「無事だったの、よかった」と抱き締め合って互いの無事を喜び合った。津波で甚大な被害を受けた宮城県東松島市の大曲幼稚園卒園式が24日、行われた。「全員そろって卒園式を迎えられるなんて奇跡です」。地域の住民もお祝いに駆け付けた。がれきが散乱する港町で、希望にあふれる光景だった。

 卒園する園児は8人。全員が無事だった。幼稚園は地震発生から休園しており、この日が13日ぶりの再会。津波の影響で幼稚園は水没したため、卒園式は急きょ近くの矢本中央幼稚園で行われた。

 式には避難のため本県や沖縄県に身を寄せた2人を除く6人の園児と保護者、地域住民が参加した。津田真一園長は式辞で「大曲幼稚園は水の中に沈んじゃった。でも、(津波が押し寄せる中)最後の最後まで先生たちは職員室のロッカーの上で幼稚園を守ろうとした。そのことだけは分かってほしい」と園児たちに語り掛けた。

 卒園証書を受け取った園児たちは母親と父親の元に駆け寄り、誇らしげに証書を見せ「ありがとう」とほほ笑んだ。地震発生後、数日、子どもの安否が確認できなかった保護者も多く、無事、卒園できたことに感極まり「本当によかったね。ずっと一緒にいようね」。涙を流しながらギュッと抱き締め、わが子の成長と命のぬくもりを確かめていた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から