東日本大震災

JR奥羽本線米沢-山形間が運転再開 「つばさ」動かぬまま

2011年03月21日
運転を再開したJR奥羽本線下りの始発列車。朝早い出発で、仮眠をとる乗客も目立った=20日午前6時49分
運転を再開したJR奥羽本線下りの始発列車。朝早い出発で、仮眠をとる乗客も目立った=20日午前6時49分
 「動いてくれて本当に良かった」。乗客はみな笑顔だった。東日本大震災発生から10日目の20日、JR奥羽本線米沢-山形間が運転を再開した。上下各13本の臨時運行だが、人々の移動の大きな支えだ。午前6時6分米沢発の“始発列車”に同乗した。(米沢支社・三浦光晴)

 まだ薄暗い午前5時50分。米沢駅の2番ホームに明かりをともした2両編成が止まっている。車内には10人前後が乗っていた。山形市小荷駄町、シルバー人材センター会員土田保吉さん(68)は米沢市の義父宅から帰れずにいた。「週明けから通勤する人もひと安心だろう」。米沢市通町4丁目、短大生出川夏子さん(19)は秋田県に帰省する。「地震でタイミングを逃して。やっと帰れる」と笑みをこぼす。事情は異なってもほっとした気持ちは同じ。列車は定刻通りに出発した。

 住宅地を抜け、霧でかすむ田園の中へ。東の空が赤く染まっている。同6時15分、高畠駅に到着。職員が線路に下り、スコップで除雪に当たった。出発が10分ほど遅れる。

 同駅を過ぎると、車内には高校生の姿が目立ち始めた。野球部員だろうか、丸刈りの男子生徒は腰を下ろすとすぐに居眠りを始めた。女子生徒たちは買い物の話題で盛り上がっている。車内の光景は「震災前」と変わらない。

奥羽本線米沢―山形間の運転が再開され、山形駅の改札を出る始発列車の乗客たち。9日ぶり駅の往来が戻った=20日午前7時3分、山形市
奥羽本線米沢―山形間の運転が再開され、山形駅の改札を出る始発列車の乗客たち。9日ぶり駅の往来が戻った=20日午前7時3分、山形市
 午前6時51分、茂吉記念館前で乗車した山形商業高1年山口詩織さん(16)は部活に向かう足がなかったという。「車で送ってもらっていたけどガソリンはもう無い。電車が動いて良かった」と口元を緩める。燃料不足解消の見通しが立たない中、鉄道の運転再開は心強い。

 外はすっかり明るくなっている。同7時ごろ、列車は山形駅のホームに滑り込んだ。約40人の乗客が足早に改札口へと向かうと、ホームからは人の姿がなくなった。山形新幹線のホームに目をやると、運転席の窓に雪を載せたまま「つばさ」が止まっている。3連休の真ん中、日曜日の駅ににぎわいはない。それでも、「震災後」の生活に向けた一歩は踏み出した。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から