東日本大震災

山形空港が移動拠点に 各地から防災ヘリ、救援でもフル稼働

2011年03月15日
旅客機の搭乗やキャンセル待ちの人たち(中央奥)と東京、大阪行きの臨時バスの申し込みをする人の列(手前)=14日午後3時37分、東根市・山形空港
旅客機の搭乗やキャンセル待ちの人たち(中央奥)と東京、大阪行きの臨時バスの申し込みをする人の列(手前)=14日午後3時37分、東根市・山形空港
 人、人、人であふれ返った-。仙台空港が壊滅的な打撃を受け、被災地の宮城県などと各地を結ぶ“移動拠点”となっている山形空港。大阪行きを通常の往復3便から4便に、東京行きを1便から5便に増やしたものの、旅客は増える一方だ。仙台方面から高速バスやタクシーを乗り継いでたどり着いた人々は、疲労と焦りの中で、キャンセル待ちの長い時間を過ごした。

 生後5カ月の赤ちゃんを抱いた仙台市の若い母親。夫の実家兵庫に向かおうとしている。「昨日、仙台から山形行きの高速バスに乗ろうと3時間並んだが、列が全く動かずあきらめた。今朝は朝5時半から3時間並び、バスで2時間かけて山形駅、そこからはタクシー」。いつチケットが取れるかは全く分からない。「今日がだめなら明日もまた来るしかない」

 韓国から東北大に留学中の10人は「原発が危ないと聞いて、仙台からタクシーに分乗して来た。大阪から韓国に帰る」。タクシーから降りるや慌ただしくカウンターへと走った。

大阪行きのバスに乗り込む人たち=14日午後1時14分
大阪行きのバスに乗り込む人たち=14日午後1時14分
 そのカウンターには、人が途絶えることなく訪れ、空港スタッフをはじめ、県の職員や旅行会社の社員らも総出で対応した。レンタカーの窓口は、目的地までのガソリンがないなどとして新規の受け付けは行っていない。

 売店も混雑した。今野光子店長(62)は「水やお茶、おにぎりや団子などは切らさないように、あちこち走り回って在庫を集めている」。

 被災地を歩いてきたのだろうか、黒いロングブーツが泥まみれの女性。退屈して床に転がる子どもたち。携帯電話で無事を伝える声が行き交う。「大丈夫、でも家の天井が崩れた」。空港中のコンセントに誰かの携帯電話の充電器が差し込まれ、見ず知らず同士で充電器を貸し借りする姿もあった。

 到着口には、「やっと帰ってきた」と家族に駆け寄るビジネスマン。リーダーを迎えた医療チームの隊員らは引き締まった表情で救急車に乗り込んだ。大きな段ボールを10箱以上運ぶ男性は仙台の支社に食料を持って駆け付けるという。

燃料補給する各県の防災ヘリと臨時便が離着陸した=14日午後1時19分
燃料補給する各県の防災ヘリと臨時便が離着陸した=14日午後1時19分
 山形空港は、救援拠点としてもフル稼働。長崎や熊本、広島、石川など全国各地から20近い自治体の防災ヘリが給油のために離着陸し、夜間には駐機した。空港の一角にある陸上自衛隊第6師団神町駐屯地飛行場では米軍機が利用する場面もあった。

 東京、大阪行きそれぞれの最終便が離陸すると、残された人たちはバスに乗ろうと列をつくった。だが、航空機にもバスにも乗れなかった人たちも。行き場のない約50人が、カウンター前に列をつくったり、ロビーや待合室で毛布にくるまる中、夜は更けた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から