東日本大震災

救援物資の発送相次ぐ県内自治体 上山市は火葬の受け入れも検討

2011年03月14日
 一日も早く元気を取り戻して!-。本県では13日、交流を続けている宮城県や岩手県内の自治体へ救援・支援物資などを送ったり、発送を決める自治体が相次いだ。

 上山市は、津波で甚大な被害を受けた姉妹都市の宮城県名取市に給水車1台を派遣した。上山市は11日の震災直後、名取市に対し支援の意思を伝達しており、13日朝に同市から支援要請の連絡が入った。同日正午すぎ、1700リットルの供給能力がある給水車と職員2人が市役所を出発した。

 また、名取市では多数の犠牲者や行方不明者が出ているが、火葬場が損壊して遺体の埋葬が困難な状況という。上山市は火葬の受け入れについても検討している。

 長井市では、宮城県多賀城市に、ペットボトル入りの長井の水「長井花のしずく」6000本と、給水タンク車2台を14日に発送することを決めた。花のしずくは500ミリリットル1200本、350ミリリットル4800本。給水車は長井上下水道協同組合の所有で、それぞれ2000リットル、1000リットルを供給できる。長井市や多賀城市など12自治体が加盟する、全国市町村あやめサミット連絡協議会災害時相互応援協定に基づく措置。

市役所で、被災した多賀城市への支援物資を積み込む天童市職員
市役所で、被災した多賀城市への支援物資を積み込む天童市職員
 天童市は、文化交流都市として災害時協定を結ぶ多賀城市に対し、毛布や食料などの救援・支援物資を送った。送ったのは備蓄していた毛布550枚、白米3200食、五目ご飯800食、サンマの缶詰2600食、購入した飲料水250本、特産のラフランスジュース6000本。加えて一般市民から寄付された大人用紙おむつ2800枚も3.5トントラックに詰め込んだ。職員2人が同行し、13日中に多賀城市役所に運搬。これとは別に2トンの給水車も派遣した。

 最上町は、姉妹都市の岩手県大船渡市の要請を受け、町内で保有する防災無線機計13台を送った。被害甚大な大船渡市内には入れず、宅配便も機能していないため、町職員が無線機の電源となる大量の乾電池とともに近くの矢巾町まで車で運び、現地の岩手県の担当者に輸送を委ねるという。最上町は1984(昭和59)年に当時の三陸町と姉妹都市の盟約を締結。2001年に大船渡市と合併後も継承し、交流を重ねている。

 真室川町は、宮城県大崎市鳴子支所に食料と毛布の支援物資を送った。同町と旧鳴子町は県境を接する山形、宮城、秋田3県の6市町による「峠サミット」で交流がある。鳴子支所で食料と毛布の支援を求めていたことから、同町は救援物資として、乾パン384食、レトルト粥・ごはん802食、毛布50枚を現地に届けた。

 庄内町は友好町である宮城県南三陸町に水などの支援物資を贈ることを決めた。物資は水100ケース(500ミリリットル×24本)と毛布100枚、おにぎり2000個。トラック2台に積み、14日午後に南三陸町の避難所である入谷小に届く見込み。両町は2006年に「災害時における相互応援協定」を締結している。

おにぎり200個送る 宮城へ、平禄寿司
\r\n$p_unit 回転ずしチェーン店「平禄寿司」の県内5店舗は13日、日本赤十字社県支部を通じて、宮城県におにぎり約200個を送った。

 山形天童店の西沢勝行店長(52)らが同日午後2時すぎ、山形市の県赤十字会館を訪れ、出来たてのおにぎりを詰めた箱を県支部の結城博史事務局長に手渡した。西沢店長は「本社が仙台市にある。魚介類の入荷もストップしており営業もできない。被災者のためにおにぎりを送ることにした」と説明。県支部が調達した赤飯や飲料水と一緒におにぎりも積まれ、結城事務局長らが仙台市に向けて出発した。

食料や衣料も発送 山形の料亭など
 山形市内の料亭4店と山形四小児童の父母らが13日、仙台市内で被災した女性からの支援要請に応え、食料品や衣料品などを発送した。

 同市七日町4丁目の料亭「千歳館」の女将沢渡好子さん(57)が、かねて親好のある国連ハビタット親善大使のマリ・クリスティーヌさんを介し、仙台市内で被災した女性からメールで支援要請を受けた。料亭の「のゝ村」、「白ぎく」、「浜なす」の各店、山形四小児童の父母ら、市内の薬局が食べ物や水、おむつ、清浄綿など女性から要望のあった品物を寄せた。

 すぐに2トントラックいっぱいに品物が集まり、第一貨物(山形市)のトラックが避難所になっている仙台市若林区の南材木小に向かった。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から