東日本大震災

間一髪!大津波から逃れる 東根の高橋さんが石巻で遭遇、撮影

2011年03月14日
宮城県石巻市で津波から逃れた状況を語る高橋和也さん=山形市・山形メディアタワー
宮城県石巻市で津波から逃れた状況を語る高橋和也さん=山形市・山形メディアタワー
 家屋や車が目の前を流れていく-。東日本大震災が発生した11日、仕事で宮城県石巻市北上町に滞在していた東根市神町北1丁目の自営業高橋和也さん(34)は、押し寄せる大津波から間一髪で逃れた。13日、山形新聞の取材に当時の状況を語った。

 高橋さんは11日朝から、北上川の中州でカヤを刈り取る作業をしていた。午後2時45分すぎ、地面が突然、激しく揺れた。グオー。辺りに不気味な低い音が響いた。河口までの距離は約3キロ。「津波が来る。早く逃げろ」。仕事仲間と舟に飛び乗り、岸に向かった。

 車で高台を目指した。途中、河口に目をやると、遠くに無数の白い波。ひっくり返った2隻の船ともに近づいてくる。30分ほど前までいた中州は完全に水没。波はさらに高さを増し、迫ってきた。

 眼下の田んぼを覆った波は、家を土台から引き離してがれきにし、車を揺らしながら流れていく。集落そのものがのみ込まれていった。「体が震えていたが、この状況を写真に収めなければと思った」。夢中でシャッターを切った。同じように避難した住民たちはぼうぜんと惨状を見詰めていた。

 避難所には「○○はいないか」と家族や知人の名前を呼ぶ声が響いた。携帯電話はつながらず、東根市の家族に無事を知らせるすべはなかった。約200人と凍える夜をすごした。12日夕、帰宅すると「よく帰ってきたな」と母親は涙を流した。

 高橋さんは「地震から津波まであっという間の出来事だった。私がいた集落でも犠牲になった人もいたはず。冷静になって、あらためて恐怖を感じている」と語った。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から