動画ニュース

長井小第1校舎のジャッキアップ作業始まる

(2017年07月06日)
 国登録有形文化財として保存活用するため耐震改修工事が行われている長井市の長井小第1校舎で6日、建物のジャッキアップ(持ち上げ)作業が始まった。青森県の弘前城本丸の天守の曳屋(ひきや)工事に携わった米沢市の業者が担当。左右対称の建物は横幅約93メートル、面積約1125平方メートルもあり「経験のない大きさ」という。暑さの中、現場には緊張が走り、手探りの作業が続けられている。


このOSでは動画を再生できません