動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 |
子どもたちが団子木作り挑戦 (2017年12月23日UP)
 高畠町屋代地区の子どもたちが23日、同地区公民館で団子木作りに挑戦し、色とりどりの団子をミズキの木に飾り付けた。

漫画家・冨樫さんの頭の中のぞく (2017年12月22日UP)
 新庄市出身の漫画家冨樫義博さんの代表作「HUNTER×HUNTER」のネーム(下書き)を紹介する作品展が22日、同市の新庄・最上漫画ミュージアムで始まった。県内外から多くの人が訪れ、構想段階の貴重な展示品に見入った。

山形市中心部の建物に映像投影 (2017年12月20日UP)
 山形商業高産業調査部が20日夕、山形市中心部で、建物に映像を投影するプロジェクションマッピングを繰り広げた。地域活性化に向けた研究の一環で、クリスマスなどにちなんだ映像と音楽で道行く人を楽しませた。

啓翁桜、今季の出荷始まる (2017年12月20日UP)
 正月飾りとして人気が高い啓翁桜の今季の出荷が20日、国内有数の産地として知られる東根市で始まり、つぼみの膨らみ始めた桜の束が箱詰めされ、全国各地に発送された。JAさくらんぼひがしねによると、来春までに約36万本の出荷を見込んでいる。

もぎたて「パクッ」おいしい! (2017年12月19日UP)
 寒河江市の二つの観光イチゴ園、ストロベリーファーム(高屋、武田幸太郎園主)いちごガーデン(八鍬、高橋庄次郎園主)が19日、ともにオープンした。来園した親子などが真っ赤な冬の完熟イチゴを次々に味わい笑顔を見せた。

新システムが運用開始 (2017年12月19日UP)
 乗客5人が死亡し、乗客乗員33人が重軽傷を負った庄内町のJR羽越本線特急いなほ脱線転覆事故から約12年。事故を受け、当時「予測困難」とされた局所的な突風を探知・予測し、列車を止めるシステムが開発され、19日午前10時に運用が始まった。突風の発生場所や速度による違いはあるが、事故現場周辺であれば10分ほど前に到達を予測できるという。遺族らが求め続けてきた安全運行対策の中核がようやく実用化された。

90センチ級やミニなど多彩に (2017年12月17日UP)
 門松作り講習会が17日、南陽市金山公民館で開かれた。地元の門松保存会(菊地克美会長)による恒例行事で、近くの山で集めた材料を使い、参加者が新年の縁起物を手作りした。

若者が根付くマチを創生 (2017年12月16日UP)
 山形新聞、山形放送が提唱する「21世紀山形県民会議」が16日、東京・内幸町の日本プレスセンタービルで開かれ、「若者が住みたくなるマチを目指して」をテーマに吉村美栄子知事、県関係国会議員らが意見を交わした。出席者は、住環境や医療体制、社会基盤の充実とともに、本県の魅力を県民自らが見つめ直し、幸せに暮らす姿を示すことが若者の古里に対する愛情を育み、山形に暮らす選択につながるとの認識を共有した。

餅や菓子まいたまいた! 鶴岡の神社「年結祭」 (2017年12月15日UP)
 鶴岡市藤沢の八幡神社(石原純一宮司)で15日夕、年末恒例の餅まき神事「年結(ねんけつ)祭」が行われた。計約120キロ分の餅、菓子が豪快にまかれ、集まった地元住民が来年の幸せを願った。

「合格祈願りんご」手渡しエール (2017年12月13日UP)
 高校受験を控えた地元の中学生を応援しようと、JAやまがた青年部東金井支部(池野伸幸支部長)は13日、山形市金井中(渋谷和久校長)の3年生135人に「合格祈願りんご」を贈った。

見出しをクリックすると動画を見ることができます。動画を見るためにはWindows Media Player(無料)が必要です。このソフトウエアをお持ちでない方は下の画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
Windows Media Player