動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 |
具材を連想させる生き物紹介 (2017年10月03日UP)
 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)で3日、「芋煮展」と銘打ったユニークな展示が始まった。庄内風芋煮の具材を連想させる生物を集めて紹介。サトイモにちなみイモリを、豚肉には「河豚」と書くフグをあてがうなど、遊び心にあふれた展示で来場者を楽しませている。

県内各地の祭り、県都に集結 (2017年09月30日UP)
 本県を代表する祭りが一堂に集まった「まるごと山形 祭りだワッショイ」が30日、山形市旅篭町周辺で繰り広げられた。県内各地の祭り人が郷土の誇りを胸に熱気あふれる踊りを披露し、秋空が広がる県都を華やかに彩った。

上山・「かかし祭」30日開幕 (2017年09月29日UP)
 上山市の秋の風物詩「第47回かみのやま温泉全国かかし祭」が30日、同市の月岡公園で始まる。「思い出かかし」をテーマに、市内各地での展示も含め約300体のかかしが並ぶ。29日はコンクールの審査が行われ、最高賞のグランプリ・県知事賞などが決まった。

道路、安全に渡ろう (2017年09月25日UP)
 秋の交通安全県民運動(21~30日)に合わせて、山辺町相模小(佐藤俊徳校長、247人)で25日、街並みの映像を見ながら横断歩道の歩行体験をする「歩行環境シミュレータわたりジョーズ君」を使った交通安全教室が開かれた。全校児童が参加し、道路を安全に渡る方法を学んだ。

麺を味わい、風景楽しむ (2017年09月24日UP)
 国道113号沿線の高畠町と南陽市、宮城県の白石市と七ケ宿町を自転車で巡る「グル麺ライド」が24日、初めて開催された。全国から約460人が参加し、各市町自慢の麺を楽しみながら、田園や山あいの風景を駆け抜けた。

五百羅漢像の修復作業公開 (2017年09月24日UP)
 県内最古といわれる五百羅漢像の公開修復作業が24日、所蔵する高畠町の玉龍院(金子堯信住職)で行われ、修復中の102体が本堂に並べられた。間近で貴重な文化財が見られる機会とあって、80人以上の町民らが訪れ、専門家による修復作業の様子を見守った。

「ヨモーニャくらぶ祭り」にぎわう (2017年09月24日UP)
 山形新聞の読者感謝イベント「第7回山新ヨモーニャくらぶ祭り」が24日、山形市の山形メディアタワーで開かれた。家族連れなど約3100人が訪れ、見学や体験企画などを通して新聞製作の現場に親しんだ。

飛行機を間近で見学 (2017年09月24日UP)
 空にまつわる多彩なイベントを展開する山形空港フェスティバルが24日、東根市の同空港で開かれた。定期便の見学や滑走路の散策など、普段は立ち入ることができないエリアが開放され、大勢の家族連れが貴重な体験を楽しんだ。

雪若丸とつや姫、刈り取り (2017年09月22日UP)
 来年秋にデビューする県産米新品種「雪若丸」と、県産ブランド米「つや姫」の収穫イベントが22日、山形市の県農業総合研究センターの圃場で行われ、吉村美栄子知事と保育園児らが秋晴れの空の下、鎌で刈り取った。雪若丸は今年、試験栽培した200トンを県内外で30日から先行販売する。

黄色い稲穂、実りの季節の到来 (2017年09月19日UP)
 19日の県内は高気圧に覆われて晴れや曇りとなり、内陸部を中心に爽やかな青空が広がった。まぶしい陽光が降り注ぐ中、各地の田園では黄色い稲穂が明るく目立ち、実りの季節の到来を告げていた。

見出しをクリックすると動画を見ることができます。動画を見るためにはWindows Media Player(無料)が必要です。このソフトウエアをお持ちでない方は下の画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
Windows Media Player