談話室

▼▽「闇営業」問題がエンターテインメント界の雄・吉本興業を揺るがしている。振り込め詐欺グループのパーティーに出席し報酬を得ていた芸人が、謝罪会見が大幅に遅れた裏に会社側の“口止め”があったと明かした。

▼▽既に契約を解消されている宮迫博之さんと謹慎中の田村亮さんは早い段階から謝罪会見を希望していたという。これに対し社長は「(会見を開いたら)全員首にするからな」と言ったとか。事実だとしたら、そこまで強い言葉を使ってでも止めなければならない理由は何か。

▼▽2人は当初、金銭の授受はないと世間にも会社にも嘘(うそ)をついた。宮迫さんは他に出席していた芸人との口裏合わせも主導した。身から出たさびとはいえ、過ちを告白し謝る機会まで奪われる道理はなかろう。真実を語れぬ苦痛がどれほどかを、彼らの憔悴(しょうすい)ぶりが伝えていた。

▼▽どんな組織であっても、声を上げさせない雰囲気が強まることは、好ましい結果は招くまい。政治の世界も同様である。参院選が終了した。衆参両院で与党が過半数を占める構図は変わらず、「安倍1強」も続こう。与党内に遠慮なく物が言える空気は生まれるのだろうか。

(2019/07/22付)
最新7日分を掲載します。
  • 7月22日
  • ▼▽「闇営業」問題がエンターテインメント界の雄・吉本興業を揺るがしている。振り込め詐欺グループのパーティーに出席し報酬を得ていた芸人が、謝罪会見が大幅に遅れた裏に会社側の“口止め”があったと明かした。 [全文を読む]

  • 7月21日
  • ▼▽わが家では電気蚊取りの出番がやってきた。耳元でプーンと聞こえる不快な羽音は鬱陶(うっとう)しいものだ。今年は例年に比べ、蚊の羽音に気付かないうちに刺されていることが増えた気がする。敵の進化か、聴力の問題か…。 [全文を読む]

  • 7月20日
  • ▼▽ロックバンド・GLAYのボーカルTERUさんが6年前、ツイッターで疑問を投げ掛け議論を呼んだ。「投票行ってきました。小学生は一緒に会場に入れないと言われました。外で一人で待たせるの不安ですよね?」 [全文を読む]

  • 7月19日
  • ▼▽キャンバスからこちらを見つめる眼差(まなざ)しは愁いを帯びつつ、同時に艶麗さもにじみ出ている。かつて訪れた飲食店で複製に接して以来、気になっていた。19世紀ロシアの画家クラムスコイの油絵「忘れえぬ女(ひと)」である。 [全文を読む]

  • 7月18日
  • ▼▽貞観(じょうがん)地震があった869(貞観11)年は日本各地に疫病も流行した。京都ではこれを鎮めるため、66本の鉾(ほこ)を立てるなどして疫病退散を祈ったという。17日に山鉾(やまぼこ)巡行が行われた八坂神社の祭礼・祇園祭の起源である。[全文を読む]

  • 7月17日
  • ▼▽今どきの教科書とはどういうものだろう。来年春から小学校で使われる教科書が過日山形市で公開され、覗(のぞ)いてみた。教科書も時代と共に変わって当然かもしれないが、数十年前の昔とはまるで違うものが少なくない。[全文を読む]

  • 7月15日
  • ▼▽850(嘉祥3)年、東北を旅していた慈覚大師がその地に差し掛かると急に濃霧が立ち込めた。足元に落ちていた白鹿の毛を頼りに進んだ先に鹿が蹲っ(うずくま)ていた。近づくと薬師如来が現れ、ここに堂を建てよと告げた。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から