談話室

▼▽「ガラスの天井は破ったが、鉄の天井があることを改めて知った」という。先の衆院選の直後、パリで開かれた国際会議の際、キャロライン・ケネディ前駐日米大使と対談した、東京都の小池百合子知事の発言である。

▼▽女性の活躍を阻む見えない“壁”を突き破って都知事選、都議選で躍進を果たす。だが、決戦を仕掛けた総選挙は目算が外れる。一連の選挙戦について「ガラス」と「鉄」の対比に触れた。双方の強度を巡る議論はともかくも、肝心の天井に手が届かなくては突き砕けない。

▼▽こちらのガラスは、割っても繰り返して復元できる。割れた破片の断面を互いに押しつけると、自然にくっついて修復する特殊ガラス素材を東京大の相田卓三教授のチームが開発した。室温で両側から力を加えて断面を押しつけると、分子同士が動き結合するのを確認した。

▼▽一般的な無機ガラスと異なり、ポリエーテルチオ尿素という高分子材料を使って試作した。パソコンや携帯電話のディスプレー向け有機ガラスへの応用が近いと開発陣はみる。女性の社会参画が進む中だが、さらなる「天井」を突き破っていくには手強(ごわ)いガラスになりそう?

(2017/12/16付)
最新7日分を掲載します。
  • 12月16日
  • ▼▽「ガラスの天井は破ったが、鉄の天井があることを改めて知った」という。先の衆院選の直後、パリで開かれた国際会議の際、キャロライン・ケネディ前駐日米大使と対談した、東京都の小池百合子知事の発言である。 [全文を読む]

  • 12月15日
  • ▼▽1977年全米でブームとなった映画「スター・ウォーズ」は翌年、前評判高く日本公開された。CGなどない時代、特撮技術に度肝を抜かれた。後にそれが全9部作で4番目の物語と知るや、その壮大さにも驚いた。 [全文を読む]

  • 12月14日
  • ▼▽怪獣のおもちゃやソフビ人形、60年前のままごとセットに、俳優伴淳三郎さんのCMポスターと父親の画家鈴木蘭涯作の掛け軸も。過去9回に及ぶ最上義光歴史館(山形市)の企画展「市民の宝モノ」の構成は幅広い。 [全文を読む]

  • 12月13日
  • ▼▽長女は保育士になり、次女は結婚して家を離れ家族と暮らしている。曽我ひとみさんは介護施設で働き、自らは土産売り場で働いた。佐渡での暮らしは楽しめたのではないか。ジェンキンスさんが77年の生涯を閉じた。 [全文を読む]

  • 12月12日
  • ▼▽歩道に収まり切れず、車道にまではみ出した数十万人の群衆が叫ぶ。「万歳!ベーブ・ルース!」。1934(昭和9)年11月、米国選抜チームの一員として来日した「野球王」を歓迎する東京・銀座の光景である。[全文を読む]

  • 12月10日
  • ▼▽木村拓哉さん演じる侍が藩主の御膳(おぜん)に箸を付けるや倒れ、一命を取り留めるも失明する。藤沢周平さん原作の映画「武士の一分(いちぶん)」は主人公が「毒味役」だった。だが実際にあった役職かと問われると、戸惑ってしまう。[全文を読む]

  • 12月9日
  • ▼▽目玉おやじが茶わん風呂に漬かる。水木しげるさんの妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」である。眠くなって寝ると目はどうなるか-。にわかに思い浮かばない場面だが、「人間と同じだから眠い時は目をつぶる」(作者)。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から