談話室

▼▽8月19日は語呂合わせで「俳句の日」だ。明治の俳人正岡子規の地元四国の松山市では、全国の高校生がその技量を競う「俳句甲子園」なる大会も開かれる。県内からは山形南高が出場する。甲子園にもさまざまある。

▼▽子規は居宅を獺祭(だっさい)書屋と号した。獺はカワウソのことで、獺祭は捕った魚をすぐには食べずに岸辺に並べるその習性を、祭壇に供物を捧(ささ)げる姿に見立てたものだ。子規も書物を部屋に並べた中によく居たという。カワウソでは「獺(かわうそ)の祭見て来(こ)よ瀬田の奥」の芭蕉の句もある。

▼▽高知県で目撃されて以来、実に38年ぶりに長崎県・対馬でカワウソの姿が撮影された。絶滅とみられたニホンカワウソが現地でほそぼそと生き延びていたのか、別の種が韓国から約50キロも海を渡ってきたのか不明なるも驚きのニュースであり、今後の研究に興味が引かれる。

▼▽江戸や明治の俳句界に登場するほどかつてカワウソは各地にいた。姿を消したのは乱獲や河川環境の悪化による。魚のクニマスは秋田県で絶滅したが山梨県で再発見された。危機に瀕(ひん)したアホウドリも蘇(よみがえ)りの兆しがある。それに続きこれも再生劇の始まりなのか見守りたい。

(2017/08/19付)
最新7日分を掲載します。
  • 8月19日
  • ▼▽8月19日は語呂合わせで「俳句の日」だ。明治の俳人正岡子規の地元四国の松山市では、全国の高校生がその技量を競う「俳句甲子園」なる大会も開かれる。県内からは山形南高が出場する。甲子園にもさまざまある。 [全文を読む]

  • 8月18日
  • ▼▽「21世紀に間にあいました。」との印象的なキャッチコピーが1997年に話題となった。トヨタ自動車が世界で初めて、ガソリンエンジンと電気モーターによる量産ハイブリッド車(HV)を発売した当時のCMだ。 [全文を読む]

  • 8月17日
  • ▼▽子犬が催した気配を察するなり「三百六十五歩のマーチ」の替え歌を口走る。「♪脚(あし)を開き、腰をかがめ、ワン・ツー! ワン・ツー! あせらないで、しーよーおー」。「ワン・ツー」の掛け声が適切な排泄(はいせつ)を促す。[全文を読む]

  • 8月16日
  • ▼▽女優の白川由美さん(故人)は終戦を挟んで小学生の頃、母親の郷里・川西町に疎開していた。東京出身だが置賜地方の味に魅了されたようで、「聞き書山形の食事」(農山漁村文化協会)にこんな文章を寄せている。[全文を読む]

  • 8月15日
  • ▼▽「若(も)し私の居(い)る島が敵に取られたとしたら、日本内地は毎日毎夜の様に空襲されるでしょうから、私達の責任は重大です」。硫黄島に赴任し家族に宛てこう手紙を認(したた)めた栗林忠道(ただみち)中将は後に島の防衛戦で総指揮を執る。[全文を読む]

  • 8月14日
  • ▼▽戦国武将伊達政宗が居城米沢城で1589(天正17)年に花火を鑑賞したという記述が、伊達家の古文書にあるそうだ。外国人客の見せる花火がよほど気に入ったか、政宗は10日間で計4回も花火を披露させたという。[全文を読む]

  • 8月13日
  • ▼▽少し切ない恋心を歌う松任谷由実さんの「ジャコビニ彗星(すいせい)の日」は、詞の中に1972年10月9日という具体的な日付が唐突に出てくる。流星群が大出現するとの予想に日本中が沸いたものの、空振りだった日である。 [全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から