談話室

▼▽1968年に公開された映画「喜劇 競馬必勝法 一発勝負」は上山競馬場を舞台にする。嘱託獣医役で出演した俳優伴淳三郎さんはこの競馬場をこよなく愛し、場内に自身の店を構えて通い、ファンと交流を重ねた。

▼▽56年に大水害に遭い、財政を補填(ほてん)する「災害競馬」が上山競馬の始まり。58年に県から移管され、市単独開催になった。財源として寄与したが、次第に重荷になり、惜しまれながらも15年前に姿を消す。上山城特別展示室の企画展「上山競馬のあゆみ」はその変遷をたどる。

▼▽レトロな街並みを再現した高畠町の昭和縁結び通り商店街では展示していた「丸型ポスト」が姿を消した。こちらは街のシンボルの盗難事件である。「心に穴が開いたよう」「早く返して」。心無い仕業が関係者を悲しませる。朱色で円柱の佇(たたず)まいは街の薫りに欠かせない。

▼▽〈おらが国の上の山競馬場 そこに私の夢がある…今日も緑の山脈に いでゆの町に 観集(衆)はどよめく〉。企画展には伴淳さんの書も並ぶ。街の顔は姿を消しても記憶は残る。高畠町の街並みを彩ってきた立役者は欠かせない存在故に、台座をそのままに帰りを待つ。

(2018/11/19付)
最新7日分を掲載します。
  • 11月19日
  • ▼▽1968年に公開された映画「喜劇 競馬必勝法 一発勝負」は上山競馬場を舞台にする。嘱託獣医役で出演した俳優伴淳三郎さんはこの競馬場をこよなく愛し、場内に自身の店を構えて通い、ファンと交流を重ねた。 [全文を読む]

  • 11月18日
  • ▼▽2階のベランダの手すりに野良猫がぶら下がっていたとの連絡を家人から受けてぞっとした。愛猫家には申し訳ないが、案じたのは猫ではない。壁に這(は)うモッコウバラの茂みにいるはずのキジバトの幼鳥のことである。 [全文を読む]

  • 11月17日
  • ▼▽プロ野球巨人がV9を果たした1973(昭和48)年のシーズンオフ、担当記者らがこぢんまりとした慰労の会を設けた。主賓は川上哲治監督と長嶋茂雄選手である。宴もたけなわの頃、監督が突然長嶋選手に言った。 [全文を読む]

  • 11月16日
  • ▼▽畑違いの世界に入っても手腕を発揮する人はいる。Jリーグ初代チェアマンなどサッカー界で辣腕(らつわん)を振るった川淵三郎さんも一例だろう。3年前に日本バスケットボール協会から請われチェアマンを経て会長を務めた。[全文を読む]

  • 11月15日
  • ▼▽最近はあまり聞かないが村八分という言葉がある。村落の掟(おきて)に背いた家とは、主な交際ごと10種類のうち八つの関係を断つから「八分」。ただし残りの二つ、火事と葬式の際は助ける。語源についてはこんな説がある。 [全文を読む]

  • 11月14日
  • ▼▽オバマ前米大統領は文章を執筆した絵本「きみたちにおくるうた」を在任中の2010年に出版した。「むすめたちへの手紙」が副題。米国の偉人13人を取り上げ、夢を追い、道を切り開く大切さを愛娘(まなむすめ)2人に訴える。 [全文を読む]

  • 11月13日
  • ▼▽アイヌ民族に語り継がれた天地創造物語によれば、人間社会は6人から始まったという。天上から遣わされた男女の神がお互いをモデルに土で3体ずつこね上げた。その場に6日置かれるうちに、生命が吹き込まれた。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から